猿モネラ菌(雑学)

雑学をひたすら書いていくブログです。それだけです。

【スポーツ】2016 リオデジャネイロオリンピック1500mにおいて、同じ金メダルでもオリンピックよりパラリンピックの選手の方がタイムが速かった【オリンピック】

内容

2016年9月11日に行われたリオデジャネイロパラリンピック、陸上男子1500mT13(視覚障害のクラス)でアルジェリアの双子ランナーである、アブデラティフ・バカ(Abdellatif Baka)選手がパラリンピック新記録で金メダルを獲得した。

双子の弟であるフォーダ・バカ(Fouad Baka)選手は4位入賞したが、この4位までの選手がリオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得したマシュー・セントロウィッツ(Matthew Centrowitz、アメリカ)を上回るタイムを記録した。

22歳のアブデラティフは、パラリンピック記録となる3分48秒29で優勝。セントロウィッツのタイムは3分50秒00だった。 

 

マニアック度

★★★★★

 

感想

面白かったネタなので。

ほんの1ヶ月以内の出来事なので、かなりホットなネタになります。

1500mの競技において、バカ兄弟を含むパラリンピックの4選手がオリンピックの金メダリストより速かったという話です。

単純に凄いですね。

近年、パラリンピックは義足などの発達によってわりとチートな記録が出るというような話もあるようですが、今回の1500mに関しては義足などの器具の性能のおかげで記録が出たという話ではないのが面白いところです。

視覚障害の部ということなので、健常者との差が出にくい競技なのかもしれませんが、それにしても4人も上回ってるというのが本当に凄いですね。

これってタイムだけで考えると、このパラリンピックの上位選手が全員オリンピックに出場してたとしたら、オリンピックの金銀銅メダルはこのパラリンピックの選手達が独占することになりますからね。(実際には駆け引きなどもありそうではないのだろうけど)

もう、最初からオリンピック側に出場すれば良かったやんみたいに思ってしまいます。

バカ兄弟さすがっす。